寺下史郎氏に学ぶ|人材育成のコツを身に付ける!

婦人

大きな会議室が使える

2人の男性

企業では研修を取り入れているところが多いです。その研修には様々なものがあり、目的に合わせて行なうことができます。その中の一つとしては、宿泊研修といったものがあります。この研修は、ホテルの宿泊施設を使って行ないます。ホテルには会議室があり、プロジェクターやスクリーンなどの機器が用意されています。これらを使って研修をすることで、スムーズに指導を行えます。また、宿泊研修の多くは新人社員が入社された時に行われることが多いです。企業によりますが、新人社員が多いと一人一人指導するとなると大変ですし、時間がかかります。ですので、宿泊研修を通して一つの部屋で会社のルールや戦略、ビジョンなどの指導を行なえるのです。プロジェクターや資料などを使って、説明することができます。

宿泊研修は、一つの部屋で指導できるだけのメリットだけではありません。研修が終わればその部屋を使って親睦会として利用することができます。新人の社員同士の仲を深められます。仕事をしていく上で会社の経営や戦略などの知識も大切ですが、コミュニケーションも必要だといえます。同僚として付き合っていくため、こういった親睦会を開くことも大切になります。企業によって宿泊研修の目的は違いますが、講師を呼ぶ際には都心で行なうと派遣しやすいです。会社だけで研修を行なえますが、よりスキルを上げたいという場合は、プロの講師に依頼すると自社だけでは学べない研修を受けられます。