寺下史郎氏に学ぶ|人材育成のコツを身に付ける!

婦人

教育を行なう

握手

営業をすることで、会社の知名度を広げることができますし、業績を上げることもできます。長年の経験で営業の知識や技術を付けることができます。その身に付けた知識や技術は、後輩や部下に指導する必要があります。ですが、中々育たないと悩んでいるリーダーやマネージャーは多くいます。以前であれば、営業の知識や技術は見てから盗めと教えられた方も少なくありません。しかし、今の時代ではそういった指導方法では人材を育てることは難しいといえます。少し教えるだけですぐに自分のものにして営業ができる方もいますが、中には何度も見せても失敗してしまう方もいます。その際には、研修を行なうと良いでしょう。営業に関する研修では、ロールプレイングを行ないます。この研修では、正しいスキルを身に付けられます。営業研修として取り入れられているロールプレイングは、現場で行われる再現をします。一通り行ない、その社員にヒアリングを行ない、苦手なところを克服させることができます。

営業研修として取り入れられているロールプレイングは、失敗しても次に活かすことができます。先輩や講師からのフィードバックで自分が改善すべき問題を挙げられます。自分だけでなく、研修を受けている社員にも身に付けることができます。自分が良いところを伸ばして、不得意としているところも改善できる研修です。ですので、スキルにばらつきがあった社員でも研修を受けていれば、以前より営業に成功しやすくなるでしょう。